【症例】人に言いたいことが言えない①-3

  • セラピー症例

あいさんが彼氏に自分の言いたいことを伝える前、
これを言うと彼がどう感じるか。
イヤな思いしないか。
迷惑かけないか。

などを気にして言えなくなってしまう。

その原因は幼い頃のちょっとした一コマの積み重ねにありました。



こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。


愛と豊かさと自分らしさを取りもどし、幸せにシフトする
カウンセリング・セラピーを沖縄那覇市・東京・福岡でしています。


<<福岡・個人セッション>>
7月5日(金) 18時半~

福岡個人セションは特例として
【初回カウンセリングなし】で受けることが可能ですので、この機会に是非どうぞ。


私の保護活動への想いと合わせて、新作カバーの案内です♪
◆【取扱商品】ホットパットロング・新作カバー

 6月28日(金)~7月1日(月)、7月14日(日)~19日(金)は、お休みを頂きます。
その間、電波状態が不安定になることが予想されますので、メールでのご連絡が遅れる可能性があることをご理解ください。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

恋愛や人間関係、子育て
それらの悩みの根本原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

 

Aki’sカウンセリング90分3千円でカウンセリングが受けられる♪


【症例】人に言いたいことが言えない①-2の続きです。



あいさんには4つ下の妹がいて
お気に入りのお人形を、妹が勝手に遊ぼうとすることが多々あり
妹に貸すのを嫌がるあいさんがいました。

すると決まって、妹は泣いてしまう。
それを見たお母さんはいつもこう言います。


「お姉ちゃんなんだから、それくらい貸してあげなさい」



そんなことが度々あり


私の気持ちを言うと、妹が泣き出して、私が怒られるんだ・・・
怒られないためにも、妹が嫌がることはしない(言わない)でおこう。


そんなふうにあいさんは学習し


お母さんに甘えたくて抱っこをせがんだ時は
「今○○ちゃん(妹)のお世話してるから、ちょっと待っててね。
お母さんのこと困らせないでね」と言われ


本当は寂しくて甘えたくても
お母さんを困らせたり、わずらわせたりしないために我慢しないといけないんだ。
お母さんに嫌われるよりはマシだもんね。と学び


「お姉ちゃんなんだから、我慢してね」
「ちょっとは妹の気持ちも考えてあげてね」
「お姉ちゃんだから、もう自分一人でできるでしょ?」


そんなニュアンスの言葉が日常のあちこちで溢れ

いつしか、幼いあいちゃんにとって
自分の欲求を伝えることは、相手がイヤな思いをするかもしれないこと
迷惑かけてしまうこと、負担をかけること 

だから嫌われないためにも、我慢しないといけないんだと思い込むようになりました。



それが大人になって、彼に対して言いたいことが言えなくなっていた原因でした。 


セラピーでは、【お姉ちゃんだから】という理由で、我慢しないといけなかった色んな気持ちをすくいあげて
その一つ一つを丁寧に癒すことで抑圧されてた感情の開放を促すとともに


子供の頃に学んだ、嫌われないため、怒られないために刷り込んだ思い込みは
大人になった今はもう、必要がないことを腑に落とし(身体が納得し)
スッキリした表情になった所で終了しました。


子供っぽいこと、したらダメだよ 



あいさんが持っていたビリーフ(思い込み)を
あえて言うならば《子供であってはいけない》でした。

簡単に言うと、子供っぽいことしたらダメって子供の頃から思っちゃってるの。



だから人に甘えることや頼ること、
わがままを言うことなんかは子供っぽいことだからできないし。


人の面倒を見たり、気を使い過ぎたり
自分が仕切り役になって、なんでも率先してやったり
誰に対しても『いい人』であろうとし、八方美人だったり
自分の気持ちや意思表示ができない(または苦手)

など子供らしさを抑圧し、大人の振舞いや症状へと繋がります。
※詳しくは悩みの原因と改善法《子供であってはいけない》をご覧ください




ちゃんとしなきゃ。しっかりしなきゃ。っていう感覚が、人一倍強く出るのも特徴で
けっこう我慢強い方が多いです。

けど自分では、自分のことを我慢が足りないと感じています。←ここ、ポイント。



『ちゃんと』の基準が高めに設定されてるから
我慢の限界で溢れてしまったことに対しても、我慢が足りないからって捉えちゃう感じです。


なのでこのビリーフ(思い込み)が強い人の中には
「いえいえ。私はどちらかというと子供っぽくて、そんな自分がダメなんです」って言って
自分がこのビリーフを持ってるって気づいてない方も多いんです。


ときには、子供や子供っぽい振る舞いをする人が苦手で、見てるとイライラするということも起こってくるし。
(これを投影とか、鏡の法則とかって言うよね)


一般的には、長男・長女に多いメンタルブロックなんですが
第2子や、末っ子でも持ってることが多々ありまして。。。


次回は 比較的(いや、かなり)甘やかされて育ったワガママ・末っ子のワタクシ、谷口教子が
このビリーフ(思い込み)を獲得することになった、いくつかの原因をシェアしますね☆
【症例】人に言いたいことが言えない(谷口Ver)



抱えている悩みや苦しさは、必ず解消することができます。
もっと身近にカウンセリングやセラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪


それではまた、ブログでお逢いしましょう。


よくある質問多くの方が気になっている、よく聞かれる質問をまとめました♪


お客様の感想カウンセリングを受けた方の感想はこちら

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪