本当の気持ちを我慢するキッカケ

  • 感情について

気持ちを感じたり表現したら、もっとイヤなことが起こりそうな気がするの続きです。

 

本物の感情を感じることに対して、誤解や思い込みがあって、我慢したり、溜め込んだりを繰り返してしまう。

そんなことを前回は、具体的な思い込みの例と共にお伝えしました。

 

では、今日は本物の感情以外の『気持ち』についてお伝えしますね。

 

こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・心理セラピーを沖縄・東京・福岡でしています。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

 

ニセモノの感情とは

 

本物の感情以外のことを【ニセモノの感情(代理感情・ラケット感情)】と言います。

 

ニセモノの感情とは、学習された感情(生育環境の中で学習してるので、元々備わってたわけではない感情)のことで
本人も気づいていない、隠れた目的があって使われている感情で
慢性的で、定型化された、不快な感情のことを代理感情と言います。

 

【毎回、あるパターンの時に感じる、あのイヤァ~な感情】

簡単に言うとそれが、代理感情のポイントです。

 

パターンがあるので、それに気づくと
あっ!またやってる。とか、
この気持ち、けっこう頻繁に感じてる と気づきやすくもなるので、自分と向き合う切り口にしていけますね。

 

本物の感情を我慢するキッカケ

 

本物の感情を我慢するキッカケは子供の頃
わかってもらえなかった
受け止めてもらえなかった
我慢することを促された などの経験が主です。

 

例えば 病院(注射)が恐くて泣いてるのに
「恐くないょ。大丈夫」とか
「泣かないょ」ってさとされたりすると、【恐い】を感じるのはダメなんだと思い、恐くても押し殺す癖がついたり

 

悲しくて(寂しくて)泣いてたら
「泣くのは赤ちゃんだけだよ」とか
「泣くんじゃない!!」って言われたりすることで、【悲しみ】をこらえる癖がつく

 

怒りで癇癪起こしてると
「我慢しなさい!」とか「うるさい」ってピシャっとされたり
「もう知らない」ってそっぽ向かれたり
「お腹すいてる(眠たい)から機嫌が悪いのね」など言われたり【怒り】を感じることを禁止してしまう などなど

 

これらは分かりやすい原因ですが、他にも色々な原因やキッカケがあり

我慢するのとは少し違うんですが、よくありがちなこともご紹介しますね。

 

 

ニセモノの感情は、親がモデルとなり見本を示すということも多いです。

 

私自身もそうだったんですが、お母さんが自分の思い通りに行かないとヒステリックを起こし、そうなるとお父さんが気を使うってことが多々ありました。

 

それって【自分の気に入らないことがある時は、ヒステリックになると周りの人をコントロールできる】というモデルを示してるんですよね。

 

なので私もいつの頃からか、自分の思い通りにならないとヒスを起こしたり
ふてくされたり、などをするようになっていました。

すると決まって、優しい人は私の機嫌を取り始めたりするんです。

 

これ 無意識にだけど、気の優しい人を選んでやってるんですよね。

恐い人や威圧的な人、「だったら知らないよ」って突き放す人などの前では
我慢する方を選択してたなって今考えると思います。

 

他には、マイナスを避けて、プラスを得ることが出来たりすると
ニセモノの感情を使い続けるようになります。

 

例えば、女の子が怒っていると「可愛くない」とか「みっともない」などと言うように叱られる(マイナス)
泣いていると「かわいそうに」と言って優しくしてもらえる(プラス)

すると、徐々に「怒り」を「悲しみ」で代理するようになっていくんです。
(怒っていて、それを伝えようとすると涙が出てくるなど)

 

男の子だと逆のことが多いですよね。

男の子が悲しんでたり、恐がってると
男のくせに泣くなとか、男なら恐がるんじゃないって言われるけど

ケンカしたり、勇ましい姿に対しては「男らしくていいね」って言われるなど。

 

学習させられる感情で言うと
親から他の兄弟や、他の子たちと常に比べられることで、【ライバル心(競争心)】を学んだり

 

「あなたのせいでお母さんはイライラする(恥ずかしい、悲しい、不幸)」
「あなたを妊娠したせいで、お母さんはお父さんと別れられなくなった」などのように
親自身の感情の責任を、子供に押し付けることで、【罪悪感】を学んでいきます。

 

この罪悪感から、子供は親の感情の面倒をみるようになってしまいますし
「お母さんが良い感情を感じてないと、自分がダメなんだ」という感覚が心に根付き
大人になると、「機嫌が悪い人がいると自分のせい(自分が悪いような)気がする」という悩みに発展します。

 

学習された感情は、あくまでも『学習』なので
持ってる人と、持ってない人がいます。

 

次回はニセモノの感情を使い続ける隠れた目的をお伝えしますね。

 

抱えている悩みや不安は、必ず解消することができます。
もっと身近に心理セラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪

それでは、またブログでお逢いしましょう。

 

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪