衝撃の現実!感じてる『つもり』

  • 正しい感情の扱い方

 

『感情のコントロールができないんです』

これはカウンセリングでよくいただくご相談の1つです。

 

こんにちは♪ のりさん(谷口のりこ)です。


バリ好き、ヨガ好き、海好きの
アラフォーのりさんが、沖縄を拠点に


不自由な生きづらさを手放し
『心の土台を整え、生き方を再構築する』

心の根本ケアをオンラインでやってます♪


◆初めましての方へ どん底人生から脱却した方法はこちらです♪




。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 『自分で解決する力』を育てる基礎レッスン
どうやって悩みと向き合うと良いのか?【基本】のレッスンです

 

◆ 頑張ってもうまくいかない、不器用な生き方を手放す方法
自分らしく自然体で生きたいアラフォー世代へ♪

詳細はこちらから

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

感情がコントロールできない原因

 

感情がコントロールできないと話してくださる方は
実は『感情を感じてない人』なんです。

 

そんなことないです。
私はイライラしやすいので、いつも感じてるし
それに落ち込んだら引きずるので、その時もずっと
ネガティブな気持ちを感じてます。

 

皆さん、そのように話してくださるのですが、、、

 

実は感情を抑え込んだり、我慢していると
表情なども固く険しい感じになります。
(グッと力を入れてしまうんです)

 

感情ってそもそも
コントロールしようとして、できるものではないんですよね。

なぜならば、気持ちというのは
内側から自然に湧き上がってくるものだから。

 

自然なものは、コントロールするものではなく
上手につきあっていくものです。

 

雨が降るのを私たちの力ではどうしようもできないのと同じで
雨が降ったら傘を差したり、雨を凌いだり
そんな風に私たちは自然と付き合っていくものですよね。

 

自分の気持ちを感じないように固めていると
表情が固くなるだけでなく

我慢して溜め込んだ気持ちが溢れ出して
情緒不安定な感じになったり、爆発してしまうんです

(それがいわゆる、感情がコントロールできない時です)

 

感情を抑圧し固めてしまうと
自分自身の感情に気づきにくくなるということも起こります。

それでも自分では、気持ちを感じてる『つもり』だし
表現してるし、しっかり味わえてると思うものなんですよね。

 

だけど、それ、違うんです。

 

『つもり』は『つもり』でしかない

 

感情を我慢したり、抑え込むのは
トラウマ体験と関係があるんです。

 

トラウマ体験というぐらいなので
自分の気持ち感じよう。大切にしようと頭で思っても

その水面下には、ツラく苦しい気持ちも隠れているので痛みが伴うんです。

 

なので、そのような痛みが伴う感情を
自分一人で何とか受け止めようとしても無理があるんですよね。

 

継続で受けられてるクライアントさんたちも
『セルフケアしてみたけど、感じても感じてもスッキリしなくて・・・
のりさんと一緒にワークをして、
やっと『核』に触れて感じられた!!って手応えがありました』

そう話してくれる方、とても多いんです。

 

気持ちをしっかり『感じてるつもり』っていう方は多いのですが

つもりはあくまでも、つもりでしかなく
実際には感じられてなかったってこと。

すごくすごく、多いんです。

 

私も昔は「恐れ」や「悲しみ」「怒り」だけでなく
『楽しみ』も感じてるようで、感じてなかったんです。

 

だから口では「楽しいね♪」って言って、はしゃいでても

本当は楽しさで満たされてないから
いつも【楽しいこと探し】をして【楽しそうなことやりまくる】

 

そんな私なので、はたからみたら
「いつも楽しそう」と思われてたし

笑ってるけど、笑ってない。
表情が伴ってないってことも多かったんです。

それらは全て「楽しんでるつもり」でしかないことの現れなんですよね・・・

 

では、どうやって『つもり』から抜け出すのか?

それは本物の感情に気づき
その気持ちを感じて良いと「自分に許可」することが必須です。

 

少しづつで良いので
本物の気持ちを受けとめられるようになると
溜まってた感情も消化されていくので

感情が爆発することも減ってきますし
湧き上がった気持ちと、上手な付き合い方が身についていきますよ♪

 


それでは またブログでお逢いしましょう♪

▶ インスタでは心の仕組みのお役立ち情報を投稿中
インスタへはこちらから