私は可愛くないから、愛されない。選ばれない

  • セラピー症例

 

前回の記事、あなたが愛されるためには、なにが必要ですか?では
条件付けで愛されることが、生きづらさへと発展することをお伝えしました。

 

こんにちは♪ のりさん(谷口のりこ)です。


バリ好き、ヨガ好き、海好きの
アラフォーのりさんが、沖縄を拠点に


不自由な生きづらさを手放し
『心の土台を整え、生き方を再構築する』

心の根本ケアをオンラインでやってます♪


◆初めましての方へ どん底人生から脱却した方法はこちらです♪




。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 『自分で解決する力』を育てる基礎レッスン
どうやって悩みと向き合うと良いのか?【基本】のレッスンです

 

◆ 頑張ってもうまくいかない、不器用な生き方を手放す方法
自分らしく自然体で生きたいアラフォー世代へ♪

詳細はこちらから

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚


今回は、私の友人でもあり、心理セラピストの仲間でもある鈴鹿さと子さん(さとちゃん)自身が感じていた
《私は可愛くないから、愛されない。選んでもらえない》という思い込みによる経験をシェアしますね。

 

左がさとちゃん♪ 福岡ではアシスタントに入ってもらってました。


「私は可愛くないから、愛されない」

 

さとちゃんは幼稚園の頃にはすでに、このビリーフ(思い込み)を持っていて
大人になるにつれ、次第に強くなっていったそうです。

 

大学時代には、痩せたらキレイになるんじゃないかとダイエットをはじめ、
気がついたら摂食障害にまでなっていたんです。
(過食嘔吐してたときの話しは、本人からよく聞いていました)


摂食障害は38歳で克服したものの、根底にある「私は可愛くないから愛されない」という思い込みは、ずっと残ったまま。


恋愛している時でさえも、その思い込みは頭にあり、相手に対して

「もっと可愛い人がいるだろうに、なぜ私なんか選んだんだろう?趣味が悪いなあ。。」

とも感じてたそうです。


このような具合だから、当然、幸せな恋愛からは遠のき
頭では幸せな恋愛結婚は美人かどうかで決まるわけじゃない。と
分かっているけども、それは自分には当てはまらない。

やっぱり 容姿が可愛くないと愛してもらえないし
選んでもらえないという思いがとても強く
拭い去ることはできなかったのです。


この容姿コンプレックスが今後の恋愛や再婚活動に影響が出るので、心理セラピーを受けたそうです。


~以下、さとちゃんのブログから引用です~


結果、やっぱり受けて良かった!

セッションでは「私は可愛くない」と思い込んだきっかけを思い出すことができたし
数十年抱えていた色んな気持ちを身体の外に出せたおかげで、ホッとして身体が緩みました。


セッション後は、「わたしは可愛くないから、愛されない」という思考は上がってこなくなり

今は、自分の容姿をコンプレックスに感じていません。



ありのままの私でいい。

お母さんの期待するような女の子らしい容姿じゃなくていい。

私には私なりの魅力があって
それをわかってくれる人はどこかにいるだろう~♪と軽く考えています。


さとちゃんの全文はこちらから


さとちゃんと私は苦楽を共にして
お互いがコツコツと自分と向き合うことで

生きてくことに必死だった時代から
幸せを構築してく過程へと進んできた同志でもあります。


そんなさとちゃんが、また1つ心理カウンセリングによって
長年抱えていた思い込みを手放し
心身共に身軽さを手に入れたことが、自分のことのように嬉しく感じます。

この日も、さとちゃんのアシスタントのお影で、とても温かなセラピーの空気でした♪


さとちゃんのブログの中で紡ぎ出されてる言葉やその表現は、優しさと柔らかさを感じ
まるで、さとちゃんそのものの空気感を発しています♪


同じ心理カウンセラー・セラピストとして、ぜひオススメのブログです。
『生きるのに疲れた人が、生きていて良かった!と心から思える心理セラピー』


さとちゃんの経験や、発するメッセージは、きっとあなたのお力になると思います。

この記事も個人的にはオススメです。
欲しいもの、求めていますか?


それでは またブログでお逢いしましょう♪

▶ インスタでは心の仕組みのお役立ち情報を投稿中
インスタへはこちらから