目には見えないものだからこそ

  • 愛着障害

『愛して欲しい』
『認めて欲しい』
『受け入れて欲しい』



それは人が基本的に持っている欲求です。

 

こんにちは♪ のりさん(谷口のりこ)です。


このブログはバリ好き、ヨガ好き、海好きの
アラフォーのりさんが、沖縄を拠点に

3.40代の大人の女性が
理想のライフスタイルを叶えるための
オンラインレッスンをやってます♪


自分と向き合い成長し、人生を豊かにするスパイス
《ライフサポートレッスン》をお届けしています♪

◆初めましての方へ 自己紹介はこちらです♪



。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 3ヶ月の短期集中コースやってます♪
3.40代の女性がライフステージに合わせた
それぞれの人生に、本気で向き合う大人の時間

短期集中コース詳細

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ これからの人生で取り組むベストをお届け♪

<<無料メールセミナー>>
あなたの『輝く幸せな未来』を阻む3つのポイント

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

『愛して欲しい』
『認めて欲しい』
『受け入れて欲しい』


それは人が基本的に持っている欲求です。


その欲求が満たされないまま、ずっと誰かに求め続けていると
埋まらない寂しさを抱え続けることに繋がり
どんどん苦しくなっていくこともあります。


愛情は目に見えないもの


だからこそ、外側(他の人)に求めるときには
自分の内側にある愛情を感じるセンサーの感度を高めておく必要があります。


{1BBBE607-7304-4BD8-8D09-0C894C74C7D7:01}


センサーの感度が悪い状態だと。。。


相手は100の愛情を与えてくれているのに
自分のセンサーが15しか感知できなかったとしたらどうでしょう?


「なんで愛してくれないの?
全然私のこと愛してくれてないじゃん。
もっと愛してよ・・・」



こんな風に、相手にもっともっと!!
より多くを求めてしまいますよね。



愛情をたくさん与えられていても
自分自身がそれを認識できないままでいると

お互いに疲れきってしまい、求めること自体を諦めてしまったり
愛されてないと絶望したり、ツラく苦しい状態が長く続くことにもなりかねません。



愛情を感じる力は誰にでも備わっています。



その力を思い出し、少しづつでも温めて育てていく。

自分の内側の感度を上げるだけで
今まで気づかなかったものに気づき
愛されている喜びや幸せ、安心感を充分に味わうことができるんです。


そしてそれが、自分を支えてくれる力にもなっていきます。


セラピーを受けるようになってから
「今まで愛されてないと思っていたけど、
楽しかったことや嬉しかったこと、大切にされてた出来事など
愛されてた記憶がどんどん出てくるようになりました」

と話してくれる方も多いです。



それは心理セラピーの副効果で
愛情を感じるセンサーの感度が上がったからでもあるんでしょうね。



私自身も、もっともっと感度を上げていきたいと思います。