【症例】人に言いたいことが言えない①-1

  • セラピー症例

 

『自分の言いたいことが、人に言えない』という
お悩みを抱え、相談に来る方も多いです。

言いたいんだけど、グッと我慢して飲み込んでしまう。
ゆえにストレスが溜まる。

それが悩みへと発展していくんですよね。

 

こんにちは♪ のりさん(谷口のりこ)です。


バリ好き、ヨガ好き、海好きの
アラフォーのりさんが、沖縄を拠点に


不自由な生きづらさを手放し
『心の土台を整え、生き方を再構築する』

心の根本ケアをオンラインでやってます♪


◆初めましての方へ どん底人生から脱却した方法はこちらです♪




。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 『自分で解決する力』を育てる基礎レッスン
どうやって悩みと向き合うと良いのか?【基本】のレッスンです

 

◆ 頑張ってもうまくいかない、不器用な生き方を手放す方法
自分らしく自然体で生きたいアラフォー世代へ♪

詳細はこちらから

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

 

言わないままでも、問題のない関係とか
そもそも言わなくて良いことも、世の中にはいっぱいありますが

 

例えば、恋愛や結婚のパートナーシップの現場で
例えば、職場の同僚に対して
例えば、気の置けない友人関係のなかで

 

自分の言いたいことが言えずに、我慢したことで
少しづつ、少しづつ、自分が犠牲になっていく。

 

そしてある日、なんだか無気力になったり
もうイヤーーーって思ったり
ドカンと爆発しそうになっていく。

 

そうなってしまうともう手遅れで、自分ですら
なんでこんなにストレスが溜まってるのか
何が原因で無気力なのかすらわからないってことにもなるんです

 


人に言いたいことが言えないという悩みでセッションを受けたあいさん。(仮名・30代後半)


カウンセリングで詳しく聞いてみると
あいさんは、言いたいことが言えないことは頻繁にあるんだけど
特に彼氏に対して言いたいことが言えず、黙ってしまうことが多いんだそうです。



どうしたい?どこ行きたい?って聞きかれも
「う~~~ん。。。」って言うだけで、答えられないから
「○○(彼)の行きたいところで良いよ」となる。

 

本当は困っていて、頼りたいことがあっても
そのことを言えず、自分一人で抱え負担が大きくなってしまう。

 

本当は◇◇がしたい。
今度一緒にやりたいなぁ~って内心思っていても言えない。

 

そんなことが度重なり、そのせいで彼からは
「なんでなにも話してくれないの?」とか
「いつも何考えてるか分からないよね」と言われることもあって。。。

 

だからちゃんと自分の気持ちを伝えたいと思うんだけども
いざその場になると、どう話したらいいかわからなくなって
言えなくなってしまうというご相談でした。


【症例】人に言いたいことが言えない①-2に続く。


それでは またブログでお逢いしましょう♪

▶ インスタでは心の仕組みのお役立ち情報を投稿中
インスタへはこちらから