役に立たないもの!?

  • 心理コラム

 

みなさんの家では、頭痛薬や風邪薬、体温計だったり
緊急災難時用の災害非難リュックなどの準備はありますか?

 

こんにちは♪ のりさん(谷口のりこ)です。


バリ好き、ヨガ好き、海好きの
アラフォーのりさんが、沖縄を拠点に


幸せなはずなのに、どこか満たされない『低空飛行』な生き方を手放し
人生の質を高め『自分らしく 満たされる幸せな人生』へシフトしたい
40代女性の心のケアするオンラインレッスンやってます♪


◆初めましての方へ どん底人生から脱却した方法はこちらです♪




藁にもすがる思い

 

多くの方にとって心理カウンセリングやセラピーというものは
ぶっちゃけ 普段は身近に感じること、取り入れることはそんなにないと思います。

なので、どこか『自分には関係のないもの』と思われてるかと思います。
(望むライフスタイルを叶えるために、コーチングなどは日頃から活用することもできますよ)

 

以前、単発での個人セッションをしていた時
受けにきてくださるほとんどの方が

もう自分ではどうしようもできない程の苦しい状態になり
藁にもすがる思いで心理セラピーを受けることに決めた方ばかりでした。

 

かつての私は、恋愛でひどく傷ついたり
仕事で落ち込み自信をなくすことがあったり
人間関係でつまずいたり、ショックを受けた。

そんな時、スピ系や占い、心理系の本やネット情報を見漁って
今のこの苦しさをなんとかしたい!そんな思いでいっぱいでした。

 

そこから心理の道に入っていったのですが

心理カウンセラーとは言え
今の私は 聖人君主でもないし
生身の感情を持った人間なので、、、

 

みなさんと同じように、落ち込むことや悩んだりすることも多々あるし
ザワザワしたり、動揺したり
不安や恐れが湧いてきたり
誰かに怒りを感じることだってあるんです。

 

 

そんな時、カウンセリングや心理の知識があって良かったなって心底感じます。

 

だってね、今のこのツラい状況に対して
どう向き合い、どんな風に心のケアをして乗り越えていったら良いのか知っているから。

 

私のセラピスト友達の中には

・流産をした人
・大切な人と死別した人
・がんを患った人
・家族の問題が修復不可能に陥ってしまった人

 

セラピストとして活動してる最中に
このような自分ではどうしようもない出来事に見合った友達もいて

そのみんなが口々に言うのが

 


セラピーやカウンセリング
心理の知識があって良かった なんです

 

財産・資産になり得る


ライサポを受けられてる方々はみなさん
レッスンを通してご自身の悩みや
『心のブレーキ』や『心のクセ』『失敗パターン』を手放していくのですが

その中で心理の知識やセルフワークの方法をしっかり習得していくんです。

 

だからレッスンから離れ、日常生活の中でツラいことや悩みに遭遇しても
それをセルフケアで乗り越えられる。

その延長として、前よりも落ち込むにくくなったり
たとえ落ち込んでも、長く引きずることがなくなったという結果につながっています。


それは決して、レッスン生さんが変わったことで
『引き寄せの法則で、ツラい出来事が起こらなくなったから』ではないんです。

 

 

心のケアの知識や情報って、子育てや人材育成や
自分の願いを叶えるのにも活かせるんだけど

基本、そこまで意識しない限り
普段はあまり役立てることってないし
必要なものだとは思わないんですよね。

 

けどね、災害時の避難リュックと同じで
いざという時に、めっちゃ活かされるものなんです。

 

普段は眠っているけども
いざという時に備えてて良かったと感じる
財産・資産でもあるんだなって思いました。


それでは またブログでお逢いしましょう♪


▶ インスタでは心の仕組みのお役立ち情報を投稿中
インスタへはこちらから