本当の気持ちを我慢していませんか?

  • 正しい感情の扱い方
あなたは感情を我慢しないで
感じられていますか?


こんにちは。
心のあとりえ~Shanti~認定セラピストのAkiです。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 頑張ってもうまくいかない、不器用な生き方を手放す方法
自分らしく自然体で暮らしたいと願う、アラフォー世代へ♪

詳細はこちらから

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

◆ 『人間関係がラクになる5つの思い込み』有料メールセミナー

購読登録はこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

今考えてみたら
私は小さい頃から
感情を感じることを
我慢していたなとおもいます
 
 
 
泣いたり
怒ったりすると
激しく怒られたり
無視されたりしたことで
 
 
 
私が感情をだすと嫌われると思ったり
 
 
 
 
父がキレて
暴れたり
母に暴力をふるったり
大声で怒鳴ったりしているのを
みたことで
 
 
怒るとみっともないし
人を傷付ける
 
 
 
 
そう思うようになり
小さい頃から
感情を感じることを
禁止していたようにおもいます
 
 
 
 
そして中学生の時に
嫌がらせをされたことが
あまりにも辛くて
 
 
感情を感じなくなったら
楽なのに!
感じなくなりたい!
そう思いました
 
 
 
それから
私は感情を感じることに
ブレーキがかかり
悲しさ
怖さ
怒り
など感じないように
 
 
 
嫌な気持ちになると
押さえつけることを
していました
 
 
 
自分では気付いていませんでしたが
長年押さえつけたり
感じないようにしていたことで
感覚が鈍くなり
自分が怖いと思っていることも
怒りを感じていることも
分からなくなっていました
 
 
 
セラピーを受けて
怖さ、怒りの感情は
こういうものなのかと
はじめて実感できました
 
 
 
頭では怖さ、怒りが
どういうものか
分かっても
実際に感じることが
できていませんでした
 
 
 
 
でも
感情って必要なものだから
あるんですよね
 


怒りは自分や大切な人、ものを守るため
怖さは危険から身を守るため
悲しみは辛い出来事をのりこえるために
それぞれ必要なものなんです

 
 
そして感情を感じると
すっきりすることや
気持ちが楽になること

今まで心の傷にとらわれていたけれど
傷が癒えて癒される感覚を体験して
 
 
 
感情を感じることの
大切さを実感しました
 
 
 
 
 
 
あなたは感情を我慢したり
押さえつけたりしていませんか?
 
 
 
もしも我慢することが当たり前になってるのなら
私のように感情が
分からなくなっているかもしれません
 
 
 
 
セラピーで自分の大切な感情と
むきあってみませんか?