【感想】本当は味方でいて欲しかった

  • お客様の感想
こんにちは。
 
心のあとりえ~Shanti~認定セラピストのAkiです。
 
 
今日はお客様から
セラピーの感想をいただいたので紹介しますね!

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

<<無料メールセミナー>>

幸せになりたい♪と取り組む人ほど陥る罠があるのご存知ですか?
あなたの『輝く幸せな未来』を阻む3つのポイント

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

<<ディープデトックスセラピー(担当セラピスト・鈴鹿さと子)>>

 12月5日(土)の予約枠は満席となりました。


。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

Akiさん、こんにちは。
先日は本当にありがとうございました。


カウンセリングのはじめに、
最終的にどうしたいのか?との話で

「父に認められたいという思いを諦めたい」としたものの、
本当に諦めることができるのか半信半疑でした。


でも、「あなたは悪くない」というAkiさんの言葉をきけたことで

『私は誰か身近な人に「あなたは悪くない」と言って欲しかった』のだと気づくことができ
また、この気づきこそが諦めるに至る糸口なのだと感じました。


これまでは自分が弱いから悪いという
罪悪感のせいでどこか後ろめたい気持ちがあり、
誰かに窮状を訴えてもスッキリできないでいました。


それが、カウンセリング後には姉や夫に
「本当はどれだけ辛かったのか、誰にも理解してもらえない孤独感」を、
より正直な言葉で伝えることができました。


そんな風に話せたのも、自分は悪くないと思えたからこそだと感じています。


カウンセリングの結果を報告をする形で、
はっきりと「身近な存在である姉や母、夫に絶対的な味方でいてほしかった」こと、
それが叶うなら諦められるかもしれないということを伝えました。


すると姉が、タイミングをみて母に私の気持ちを話してみると言ってくれました。


そして、私の知らないところで姉も
父の影響と思われる弊害に苦しんでいたこともはじめて具体的にきくことができ、
私だけじゃなかった(=やっぱり父の接し方に問題がある)と確信が持てて、
姉には申し訳ないけれど少し安心?しました。


今は実家と距離を置いているため
基本的には落ち着いた日々を過ごせていますが、

娘をあずかりたいなどと母から電話があると、
その背後に父の存在を感じてしまい胸がざわつくことはあります。


そんな時は、いただいたアロマオイルをかぐと心なしか気持ちが落ち着いてくるような気がします。
(純粋にいい香りなのもうれしいです)


カウンセリングのおかげで実家に近寄らないことへの罪悪感もだいぶ減って、
父側からのアクションがなければ平穏でいられそうなので、
この件についてはしばらくは落ち着いていられそうです。





Iさん、ありがとうございます!


Iさんはお父さんとと仲が悪く、
たいした言葉じゃなくても
お父さんに言われたことにイライラしてしまう。

イライラするのをやめたいと、セラピーにきていました。


「お父さんに認められたいけど、 認めてもらえない」

その気持ちから
イライラしてしまうというところまで
Iさんは気付いていました。


セラピーでじっくりご自身の気持ちに向き合い、
本当は(認めてもらえないことが)悲しいという気持ちがでてきて、
そこをセラピーではあつかいました。


本当は認めてもらえないことが
悲しかったけれど

悲しいと感じることが出来ず、
イライラ(怒り)する。
ということをIさんはしていました。


これって、偽物の感情を感じているんです。


本当の感情を感じられずに
偽物の感情をつかうことって
実はみんなよくやっています



そのことについては
また次回お話ししますね!


セラピーを受けるか悩んでいるかたは
Iさんの感想も参考にしてみてください♪



あれ?これって私のことかな?って感じたら
それがあなたのタイミングです♪

ニセモノの悩みに惑わされて、人生を無駄に過ごさないでくださいね。


それではまた、ブログでお逢いしましょう。


よくある質問・ご相談多くの方が気になっている、よく聞かれる質問をまとめました♪


お客様の感想受けた方の感想はこちら