【症例】人に言いたいことが言えない②-1

  • セラピー症例

自分の伝えたいこと、言いたいことが言えないという症状に困ってる方もけっこう多く

表現されることなく飲み込まれた言葉たちは
なんとなく不快なモヤモヤやストレスとして 心や身体を重たくさせていきます。



こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。


愛と豊かさと自分らしさを取りもどし、幸せにシフトする
カウンセリング・セラピーを沖縄でしています。

※ 現在 谷口教子の個人セッションは新規の方の予約をストップしています。
初めての方は、認定セラピスト・Akiのセラピーをお選びください。

Aki’sカウンセリング90分3千円でカウンセリングが受けられる♪

 10月17日(木)~11月3日(日)はお休みを頂きます。
その間、電波状態が不安定になることが予想されますので、メールでのご連絡が遅れる可能性があることをご理解ください。

コレが言えたらスッキリするのに。。。

そんなことを考えてる方も多いですよね。

 


【症例】人に言いたいことがいえない①-1では
コレを言うと相手がイヤな思いしないか、迷惑をかけないかなど
相手のことばかりが気になって、言いたいことが言えなくなっているケースをご紹介しました。



けどね、【人に言いたいことが言えない】っていう症状一つをとっても
その原因は様々で、いろんなパターンが存在します。



なので今日は、同じ症状なんだけども水面下では微妙に違う。
そんな症例をご紹介します。



愛理さん(仮名・32歳)は、自分の想いや意見を言おうとすると
決まって喉や口元にグッと力が入り、言えなくなっていました。


喉までは上がってくるんだけど
その先に出したらいけない。 そんな気がして
いつも自分の言いたいことが言えなくなってたんです。

 

愛理さんの心の中では、どんなことが起こってたと思いますか?

 



愛理さん(仮名・32歳)が、自分の想いや意見を言おうとすると言えなくなってしまうその原因。

セラピーの中では、こんなことが浮き彫りになってきました。



愛理さんに普段どんな風に、言いたいことを言えなくなっているか。
その状況を再現してもらうと


言いたいことを口にしようと喉元まで出かかったその時
喉や口元にグッと力が入っていたんです。


そしてそのまま言葉を飲み込み、言えなくなってしまう。。。

 



力が入ってる顎周りの感覚に意識を向け
じっくりとその感覚に寄り添うと、その感覚は『恐い』と訴えていました。



愛理さんのお父さんは子供の頃から愛理さんが何か言うと、いつも決まって
「それは違うんじゃない」とか「お父さんはそうは思わないな」とか
「けど(でも)それってさ、~~」などと言ったように
愛理さんの意見には取り合ってくれないことばかり。


その度に愛理さんは、なんだか自分を否定されたような気がして
恐いような、悲しいような気持ちになっていました。


ある時には「子供が口出すんじゃない!!黙ってなさい!!」ってピシャッと怒られる時もありました。



いつしか愛理さんは、お父さんに対して


「お父さんにはどうせ言っても無駄。なに言っても否定されるだけ」

そう思うようになり、否定されるくらいなら言わない方が良いと
自分の言いたいことを諦めるようになっていたんです。



その感覚を身体に宿したまま大人になってしまってたので
自分の想いや意見を伝えようとすると

無意識では

「どうせ否定されるかもしれない」
「攻撃されたらどうしよう・・・」

というように思い、恐くなって言えずにいたんです。

これが愛理さんが人に言いたいことが言えなくなっていた原因。



セラピーでは愛理さんの身体に保存されていた感覚を解放し

その空いたスペースには

みんながみんな、お父さんのように否定したり、攻撃するわけではないという【事実】を植えました。


そんな愛理さんは今では、自分の想いや意見を自由に伝えられるようになり
伝えた時の心地よさも味わえるようになってきたらしいですよ♪



抱えている悩みや苦しさは、必ず解消することができます。
もっと身近にカウンセリングやセラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪


それではまた、ブログでお逢いしましょう。


よくある質問多くの方が気になっている、よく聞かれる質問をまとめました♪


お客様の感想カウンセリングを受けた方の感想はこちら

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪