【症例】人に言いたいことが言えない①-2

  • セラピー症例

人に言いたいこと、伝えたいことが上手く伝えられず、ジレンマを抱えてしまう。

グッと飲み込んで、何も伝えないから
「なんでなにも話してくれないの?」って彼との関係にも影響が出ている。


今日はそんな悩みを抱えていた、あいさんのお話しです。

【症例】人に言いたいことが言えない①-1の続きです。




このブログは 感情を使って人生を彩る心理コンサルタント・のりさんがお届けしています。
◆初めましての方へ 自己紹介はこちらです♪


2000件以上の実績を誇るのりさんが、沖縄を拠点にオリジナルメソッドをオンラインで全国へ

楽しみながら自分と向き合い、成長できる。
人生の質を高め『理想の自分になる』
《ライフサポートレッスン》をお届けしています♪




Aki’s カウンセリング90分3千円でカウンセリングが受けられる♪

あいさんは、人に(特に彼氏に)言いたいことが言えないことが度重なり
そのせいで彼からは

「なんでなにも話してくれないの?」
「何考えてるか分からないよね」と言われることもあって。。。


だから言いたいんだけども、いざその場になると
どう話したらいいかわからなくなって言えなくなってしまう。


伝えられないジレンマと、モヤモヤとしたイヤな気持ちだけが残るというご相談でした。


あいさんの心の中ではなにが起こってたんでしょうか?


言いたいことを、こうやって止めている


実はあいさん。

彼に対して言いたいことが湧きあがってきたそのすぐ後

【これを伝えたら、彼はどう思うか?】


そのことを気にして、いつも言えなくなってしまっていたんです。


どうしたい?どこ行きたい?って聞かれたときは

『私は△△に行きたいけど、彼は本当は○○に行きたいだろうから、ガッカリさせたくないな。。。』

そんなことを考えて
「う~~~ん。。。」っていうだけで、明確には答えない。

そして「あなたの行きたいところで良いよ」って言っちゃう。



本当は困っていて、頼りたいことがあっても

『こんなこと頼まれても、迷惑かもしれない』

『彼も忙しいから、イヤな顔されたらヤだな』

などのように思ってしまうから
頼み事もできず、自分一人で抱えてしまう。


本当は◇◇がしたい。
今度一緒にやりたいなぁ~って内心思っていても

『けど彼は好きじゃないかもしれない。無理についてきてもらうのも申し訳ないな』って思ってるから言えない。



こんな風にして、言いたいことを伝える前に
自分の頭の中で彼が嫌な思いをしないか。
迷惑をかけないかなどをシミュレーションして

大丈夫だと思えるものは言えるけども

ほとんどのことは、相手に負担をかけること。嫌がられること。迷惑なこと。という結論に至り言えなくなってしまうんです。



しかも実際に言われた彼が、イヤな顔をしたり、迷惑に感じることがないことでもです。


つまり、あいさんの脳内シミュレーションの結論は
あくまでも あいさん自身の自己世界から見た価値観による結論であって
現実との誤差があるんですよね。



人に言いたいことが言えない悩みを解決するには
あいさんの脳内シミュレーションの原型がどこから来るのかを探り
その原点を改善していく必要がありました。


あいさんには4つ下の妹がいました。


妹とお母さんと、あいさん3人の日常の一コマが
あいさんが言いたいことが言えなくなる悩みの原点だったのです。


人に言いたいことが言えない①-3へ続く