《ありのままの自分であってはいけない(自分であるな)》

《ありのままの自分であってはいけない》を持つ人は、成績や運動、身体、性格、その他色々な面で
「ありのままの自分ではダメ」「誰々の様でないといけない」という感覚を感じ、自分らしい生き方をしません。

ありのままの自分はダメなので、常に高い理想を追い求めるので「もっともっと」「まだまだ」という感覚が拭えず
どれだけやっても、どれだけ手に入れても、満足することができない一面もあります。

《ありのままの自分であってはいけない》という内的な感覚に反抗して
「私! 私!」「俺が! 俺が!」と、過剰に自分を主張する人もいます。

 

主な症状

  • 「ありのままの自分ではダメ」と思ってしまう
  • 過剰な自己否定感(常に自分の悪いところを指摘し、責める)
  • 「誰々の様でないといけない」と感じる(成績、運動、身体、性格等の面で)
  • 「誰々のような容姿でないといけない」と感じる。特に、摂食障害の女性。容姿や服装、世間体に関して口うるさく、何にでもきちんとしている母親を持つ女性(女の子)に多い
  • 「親が望むような自分でないといけない」と感じる
  • 「もっともっと」「まだまだ」という過剰な向上心
  • 「自分もお父さん(お母さん)の様でないといけない」と感じる
  • 劣等感が強い(「誰々と比べて私は・・・」)
  • 他人がほめられているのを見たり、聞いたりすると嫌な気分がする
  • 過剰な競争心
  • 自分は何かが違う感じがする(自分が親の理想と違うから)
  • どこか自分の人生じゃない気がする(演じている気がする)
  • 「自分らしさ」がわからない(分からないので「自分らしさ」を過剰に追い求める)
  • 理由なく自分に罪悪感を感じる
  • 「私! 私!」「俺が! 俺が!」と過剰に自分を主張する。
  • 「No.1 よりオンリーワン」への過剰なこだわり。

 

刷り込みの場面

「親がいつも他の兄弟や姉妹ばかりを可愛がった」「親から常に他の子どもたちと比較された」のような場合に《ありのままの自分であってはいけない》が刷り込まれる。

また、「親から人格的に否定され続けた」「何でもきちっとしている模範的な母親(父親)に育てられた」といったような場合にも、子どもが《ありのままの自分であってはいけない》と思い込むことがある。

特に、摂食障害(拒食症)に悩む女性の場合、容姿や服装等、見た目に関して口うるさい母親に育てられた結果、自分の外見に関して否定的なセルフ・イメージを持つようになり、《ありのままの自分であってはいけない》が刷り込まれている場合が多い。

  • 親がいつも他の兄弟や姉妹ばかりを可愛がった
  • 親からいつも他の子たちと比較された
  • 「だからお前はダメ」といったように、親から人格的に否定された
  • 流産や病気、交通事故等が原因で、幼少期に死に別れた兄、または姉がいる。その結果、「僕(私)は死んだお兄(姉)ちゃんの代わりを生きなきゃいけない」と思い込み、自分らしさを失った
  • 何でもきちっとしている模範的な母親(父親)を見て育ち、「自分も女(男)として母親(父親)のようでなければならない」と思い込んだ
  • 容姿や服装等の見た目に関して口うるさい親に育てられた。特に、摂食障害の女性(女の子)