感情の正しい【知識とコントロール法】

  • 気持ちのアップダウンが激しい
  • 感情がコントロールできない
  • 自分の気持ち(本音)が分からない
  • 情緒不安定だと感じる

心理カウンセリングや心理セラピーをしていると
上記のようなお悩みを聞くことも多いです。

こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・心理セラピーを沖縄・東京・福岡でしています。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

感情に関する悩みを改善する、その一歩として
まずは感情について知っておいてもらうといいなと個人的には思っています。

知っていたら、どんな風に感情を扱ったらいいのかわかるので
気持ちに振り回されることも減ってくるし
ツラい出来事に遭遇した時、そのツラさを受け止めて、前に進める力になります。

なので感情について語ってる過去記事をピックアップしておきます。

【目次】

悲しみを感じることは【負け】ではない

感情にはニセモノと本物と2つある

悲しみ(寂しさ)を我慢すると、イライラへと変わっていく

【怒り】という感情の役割

『怒り』を相手に伝えることと、『怒り』を感じ表現することは別

子供の気持ちを受け止めていたらラチがあかないのではなく、受け止めてないからラチがあかない

怒り(イヤ・納得いかない)という感情を我慢したり、溜め込んでいる人の特徴

気持ちを感じたり表現したら、もっとイヤなことが起こりそうな気がする

恐れや不安と戦わない選択をする

本当の気持ちを我慢するキッカケ

ニセモノの感情を使い続ける隠れた目的

気持ちを『知る』だけでは、スッキリは得られない

気持ちを『感じてるつもり』は、本当は感じてないっていう衝撃の現実

その不安(恐れ)はどこから来るの?①

感情は色んな記憶を蘇らせる

PMSや更年期障害が感情に与える影響

ずっとピリピリ神経張り詰めて、無性にイライラする原因

つい食べたくなるものと、感情の関係①

怒りをあらわにするのは、みっともないこと?①

抱えている悩みや不安は、必ず解消することができます。
もっと身近に心理セラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪

それでは、またブログでお逢いしましょう。

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪