PMSや更年期障害が感情に与える影響

  • 感情について

ずっとピリピリ張り詰めて、イライラしがちかと思えば
ちょっとしたことでズドーーーんと落ち込んだり
なんか無性に泣けてきて、涙がもろくなったりなど。

 

生理前とか、更年期障害の影響で感情的になってきたとか
感情のコントロールができないっていう方も多いと思います。

 

こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・心理セラピーを沖縄・東京・福岡でしています。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

 

ホルモンが心に与える影響

 

私たち女性は『女性ホルモン』の影響をとても強く受けていて
女性ホルモンのバランスがほんの少しでも崩れると、それは身体や精神にダイレクトに響くんです。

なので生理前や、更年期でホルモンバランスに変化が起こると
心の症状も急に波立つかのように顕著に表れ始めます。
(妊婦さんもそうですよね。。。)

 

 

心の症状で多いのがこの4つ

  • 常にイライラする
  • 不安を感じる
  • 感情のコントロールができない
  • 眠れない

これらの症状が強く出る人と、出ない人もいます。

 

その違いは、ホルモンが関係してることなんだけども
『(無意識の)心の状態』も関係してるので、それらの相互作用によって変わってくるんです。

 

 

日頃から感情を我慢したり、抑圧してる人や
幼少期からの未完了の感情を多く抱えてる人は
感情を溜めておける器の許容量がすでにいっぱいになっています。

 

そんな時にホルモンの影響を受けると、感情の器から溜めてたものがあふれ出してしまい
感情のコントロールができないという事態に陥ってしまうんです。
(眠れない、眠るのが恐いという症状も、心が深く影響しているんです)

 

なので、心理セラピーで自由に感情を感じることを許可して
未完了の感情を消化していくと、感情の器に溜まっていたものがデットクスされていくので
ホルモンの影響を受けたとしても、暴走すること(感情の振り幅が大きくなること)は防げるのです。

 

最近では、若年性更年期障害というのもあって30代前半の女性でも更年期のような症状が出てくるのです。

 

若年性更年期障害も主な原因は強いストレスとされていて
(心理セラピー的には強いストレスは抑圧された感情を意味します)

以前通われていたクライアントさんは、心理セラピーを何回か受けたことで改善していきました。

 

余談ですが、個人的には『恐れ(恐い・不安)』の感情を抑圧してる方に
PMSや更年期の心の症状が強く出る傾向にある気がします。

 

詳細はまだ解明されてないですが《愛着を感じてはいけない(愛情の温かさを感じてはいけない)》というビリーフを持ってる方も同様です。

 

 

私自身心理セラピーに出会う前はPMS期の感情の揺れ動きが大きくて
落ち込んだり、イライラしたり、涙もろくなったりと、感情のジェットコースターに乗ってるみたいでした。

そんな自分もイヤでイヤで、毎月 とても憂鬱な時期だったなぁと記憶しています。

 

けど今は心への影響はほぼほぼ感じてないですね。

胸が張ったり、食欲が出たり、むくんだりの身体への影響は相変わらずありますが
それは当たり前の反応ですからね。

 

クライアントさんの中でも、継続してセラピーを受けられてる方は
PMS期がラクになったって言う方、とても多いです。

 

ホルモンのせいだから仕方ないって諦めてしまう前に
感情のデットクスも試してみるのはオススメだなと思います。

 

抱えている悩みや不安は、必ず解消することができます。
もっと身近に心理セラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪

それでは、またブログでお逢いしましょう。

 

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪