気持ちを感じたり、表現したらもっとイヤなことが起こりそうな気がする

  • 感情について

怒り(イヤ・納得いかない)という気持ちを我慢したり、溜め込んでる人の特徴の続きです。

 

なぜシンドい思いや、不快な症状を抱えることになっても
本物の感情を我慢して溜め込み、ニセモノの感情を使うようになっていくのか。

 

それにも隠れた目的があって、自分を守るためであり
多くの方が≪本物の感情を感じたら、もっとイヤなこと(恐いこと・大変なこと)が起こる≫
そんな思い込みを持ち合わせているんです。

 

こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・心理セラピーを沖縄・東京・福岡でしています。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

 

前回の記事を読んだ多くの方から
「これ私のことです!!」 とか
「前は私もそうだった」 とかいうお声をいっぱい頂きました。

それくらいみなさん 怒りを我慢するって、やってしまいがちなんですよね。

 

今日は怒りだけでなく全ての【本物の感情】を
なぜ我慢してしまうのかについてお伝えしますね♪

 

本物の感情を感じる(表出する)と、もっとイヤなこと(恐いこと)が起こる

 

実はね 私たちの多くが、感情について
≪本物の感情を感じたら、もっとイヤなこと(恐いこと、大変なこと)が起こる≫と、無意識では思い込んでるんです。

けどそれは思い込みであって、事実ではないんですよね。

 

過去にはそういうこともあったかもしれないけど
全てが毎回同じだとは限らないにも関わらず
『絶対にそうなるに違いない』と、どこか頑なに信じている。

 

なのでその思い込みを緩めていくことも大切なポイントです。

 

でなきゃ、『自分の気持ちを大切にしよう』としても
結局できない(感じられない)から、2重に苦しくなっていくからです。

 

 

落ち込みやすい人は、心が弱い人

みなさん、そう思っていたり、聞いたことないですか?

 

それ自体が、感情に対して間違った思い込みを持っているからなんです。
(ちなみに過去の私も、すぐに落ち込む自分は弱いからダメとか
うつになったのは、自分(の心)が弱いからだって思ってました)

 

落ち込んでいるときって、どんな状態になってることを意味していますか?

 

多くの場合は、ショックなできごとや強いストレスがあって
その出来事に対して心が反応し、悲しみや、恐れ(不安)や寂しさなどを感じている状態をさしてると思うんですね。

 

だけどもそこに≪悲しみを感じることは弱いこと≫って、そんな思い込みがあって
さらには≪弱いことはダメなこと≫という思い込みまでMIXされていたら、どうなっていくでしょうか。。。

 

悲しいことがある度に、消化されない思いを抱え
未完了の思いが引き金となり、落ち込みを長引かせシンドい時間が増えていく。

そんな自分すらも否定する。
↑↑↑このような悪循環になることが多いんです。

 

たまに真逆に振り切ってる方もいますけどね。
では、その真逆が強いこと意味するのかというと、どーなんでしょう?

案外『強がり』でしかなかったり
どこか『無理をした強さ』とか、ロボットのような『無機質な冷たさ』が醸し出てる気がします。

 

 

このように、自分の内側から湧き上がってくる気持ちを
ありのままに、自由に、自然に味わうことに対しても

私たちは、無意識の中にそれを阻むような思い込みを持っています。

 

自分の本当の気持ちを感じたら、何が起こるような気がすると思ってる?

 

本物の気持ちを感じたら、どんなイヤなことが起こりそうな気がするのか。
そのイメージは人それぞれですが、セラピーの中でよく聞く理由はこんな感じです。

 

  • 気持ちを感じること自体がとてもツラすぎる
  • 気持ちを感じること自体がとても痛すぎる
  • そもそも気持ちを感じることが恐い
  • 感じたら嫌われる(捨てられる・見放される)
  • 感じたら嫌がられる(煙たがられる)
  • 感じたとしても受け入れてもらえない
  • 感じたとしても分かってもらえない
  • (感じてる気持ちや、感じてる自分自身を)否定される
  • (感じてる気持ちや、感じてる自分自身を)バカにされる
  • 自分がその気持ちを感じることで相手が悲しんだり、不安になったり、怒らせてしまう
  • 感じると自分が弱くなる気がする
  • 感じると自分が負けた気がする
  • 感じると自分や周りが混乱したり、パニックになる気がする
  • 感じると周りを困らせてしまう気がする
  • 感じることが死ぬほど恐い(死んじゃうんじゃないかってくらい恐い)
  • 感じたら止まらなく溢れ出るような気がする etc…

 

本物の気持ちを感じると、上記のようになってしまう。
そんな思い込みもあって、尚更に感じることを止めてしまうんです。

 

なので自分が感情に対してどんな思い込みを持っているのか。

感じようとすると、どんな風に止めているのか。

身体に出る反応だと、どこかに力を入れてたり、腕や足を組んだり。

思考に出る反応だと、上記のことを想像してたり

自分を説得させる言葉が頭の中で巡っていたり などなど。

 

そんな『自分なりの思い込み』や、『自分なりのやり方(パターン)』を把握していると
そこから緩めていくと良いですよ♪

 

ちなみに私は、『足を組む』『口元に力を入れる』『唇を噛む(内側に入れて、歯で押さえる)』『口を尖らせる』などをよくしていました(;^_^A

 

今でも(自分が)セラピーを受ける時、始まるときから足を組んでたりすることがあるので
足組みを解き、深呼吸して口元の力を抜いてから、セラピストさんに話し始めるようにしてます。

 

次回は『ニセモノの感情』について、もう少しこちらで詳しく説明していきますね。

 

抱えている悩みや不安は、必ず解消することができます。
もっと身近に心理セラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪

それでは、またブログでお逢いしましょう。

 

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪