子供の気持ちを受け止めてたらラチがあかないのではなく、受け止めてないからラチがあかない

  • 感情について

前回の記事で書いていた、子供の頃に気持ちを受け止めてくれる人がいるかどうかは
その子が自分の気持ちを上手に消化し、扱えるようなるかどうかに影響を与えるとお伝えしました。

 

その件について、福岡のお友達が昨年
自身の経験を元にブログを書き綴っていたのでこちらでもシェアしますね。

 

この記事読んで
「そう、そう!!これよ、コレーーー!!私もこれが言いたかったの♪」と首をブンブンうならせてました。

 

個人的には文中の
「受け止めていたらラチがあかない」ではなくてね、

実は「受け止めてないからラチがあかない」ってフレーズがツボでした。

 

こんにちは。 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・心理セラピーを沖縄・東京・福岡でしています。

 

 

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、自分には価値がない気がする、人と比べて落ち込む
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる

◆自己肯定感が低くなる原因と改善法
購読申し込みはこちら

人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら

◆1日5分で心穏やかな日々を手にする方法
購読申し込みはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

心の仕組みを理解し、自己分析、洞察を深め自己の成長に役立てる。
そんな大人の学び・人生哲学をお伝えしています♪

心理学講座【沖縄】随時募集中
詳しくはこちら

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.

ガマンが足らないんじゃなくて、ガマンのしすぎ

さて、この時期流行るといえばインフルエンザ。

先月、私、一足早く流行に乗ってしまったんですね。
で、しばらく家の中で一人隔離状態。

子どもも、移るといけないからって、私のところへは近寄らないようにと言われていました。

 

そうしたらね、2日過ぎたあたりから、
夜、おやすみって言いにきた子どもが、
戸口に立ってちょっと涙ぐむんです。

ママに近づきたいのに、甘えたいのに、ってガマンしてるみたいで。

 

で、4日目
とうとう昼間から泣き出しました。

だいぶん体調も戻っていたので、手を洗って、マスク換えて、子どもの側に行って頭撫でたんです。

 

そしたら、さらに泣き出しました。
たくさんガマンしていたんですね。

寂しかったね。甘えたかったね。
って声かけたら、さらに涙ポロポロ。

落ち着くまで頭撫でて側にいました。

 

そしたら、翌日どうなったと思いますか?

まだ隔離の日数は残っています。
余計に甘えたがって泣いたと思いますか?

 

違うんです。

 

戸口で悲しげな目線を送ることも、
おやすみの時に涙ぐむことも、
まったくなし。

 

アッサリ「おやすみー」って。
私の方が拍子抜けするくらい。

 

これね、何が起こったか説明しますね。

子どもは、まず、
自分のガマンしていた感情が発散できたんです。

ついでに、
つらい気持ちを受け止めてもらえたっていう安心感ができてるんです。

それがあるから「もう大丈夫」
になったんです。

 

よくね、子どもが感情的になっているときに
「そのくらいガマンしなさい!」
って押さえつけることで状況をコントロールしようとする親がいます。

 

で、子どもが余計に「ギャー」ってひどくなる、
親声荒げる、さらにエスカレート…

こういう状況ありませんか?

 

小さい頃だったら
園バスに乗せる時とか。

これ、やると逆効果なんですよ。

 

なんでかって言うと
子どもが感情的になってるってことは、
その時点で、その状況はすでに、
その子の限界を超えてるんです。

 

限界超えてるから、
泣いてる、おこってる、怖がってるんです。

自分の限界超えて「助け」を必要としてる時なんです。

 

でね、そういう時に
「親が自分の気持ちわかってくれた。受け止めてくれた。」
ってなると、
子どもって不思議と安心するんです。
安心して自分の感情消化できるんです。

で、満足しちゃう。

 

そうするとね、
ちょっと子ども強くなるんですよ。

これも、大丈夫って。

で、そうやって、
安心して、大丈夫な範囲をちょっとずつ広げて
どんどん世界を広げていくんですね。

 

なのでね、
「受け止めていたらラチがあかない」
んではなくてね、

実は
「受け止めてないからラチがあかない」
なんですね。

 

長いこと受け止めてもらってなかった子ほど、
最初は時間かかると思うんだけどね。
満たされてない感情が大きくて。

だけど、それも最初だけで、

 

実はいったん受け止めてしまった方が、
手がかからなくなるんですね。

子育ての参考にしてみてね。

 

で、これ、子どものことで書いたけれど、
大人も同じなんです。

子どもを自分の心、親を自分の頭で考えること
に置き換えて読んでみてね。

 

大人ってとかく、
自分が弱いから、我慢が足らないからって自分にムチ打つ人多いんだけどね。

 

ガマンが足らないんじゃなくてね、
それ、ガマンしすぎてムリになってるんだよ。

 

だからね、自分にムチ打つんじゃなくてね
代わりに、
そっか、そっか、ツラかったね って
自分の頭撫でてあげてね。

その方が人は元気になれるんだよ。

ということで、今回はこの辺で。

 

以上がお友達のブログからの転載でした♪

彼女の他の記事が気になる方はこちらからどうぞ。

 

抱えている悩みや不安は、必ず解消することができます。
もっと身近に心理セラピーを置いてもらえたら嬉しいです♪

それでは、またブログでお逢いしましょう。

 

マイベストプロのバナー

マイベストプロ沖縄に取材されました♪